【2020年版】Surfaceの選び方|性能比較とオススメ【用途で選ぶ】

スマホ・タブレット
Pocket

☆★Amazonお得情報★☆

タイムセール(7/24~7/26)
→事前にエントリーして商品を安く購入しよう!
Fire HD 10が安売り対象商品に!(レビュー記事)

◎読み放題(Kindle Unlimited)が2か月限定の割引!
→通常は月額980円が、なんと月額150円(プライム会員は月額100円)に!

◎ギフト券5,000円チャージで1,000円分プレゼント!
→通常は1%ポイント還元ですが、今なら20%還元中!

Surfaceとは、Microsoftが販売するノートパソコンです。
しかしこれまでのノートパソコンとは異なり、キーボードを取り外せばタブレットのような使い方もでき、専用の「Surface Pen」を使うことでイラストを描くこともできます。
ビジネスの場で使うだけでなく、趣味に使うために購入されている方も多いです。
最近では大学生にも人気の商品です。
この記事では、Surfaceの選び方とオススメ商品をご紹介します。

スポンサーリンク

Surfaceとは?

Surfaceとは、Microsoftが開発したノートパソコンです。
最大の特徴はOSがWindowsであることです。
多くの企業がWindowsを導入しているため、Windowsが動作するというだけでも大きなアドバンテージになります。
しかし、Surfaceの魅力はそれだけではありません。
専用の「Surface Pen」を使用すれば、手軽にイラストを描いて楽しむこともできるのです。
普通のノートパソコンとは一味違った用途で楽しむことができるはずです。

Surfaceのスペック比較

Surfaceには、

  • Surface Book
  • Surface Pro X
  • Surface Pro 7
  • Surface Go
  • Surface Laptop

の5つの機種があります。

性能と価格がそれぞれ異なるので、よく調べてから購入するようにしてください。

Surfaceのスペックを比較してみましょう。
(表が横に大きくてすみません。スクロールして表示できます。)

Surface
Book 3
Surface
Book 2 
Surface
Pro X
Surface
Pro 7
Surface
Go 2
Surface
Go
Surface
Laptop 3
商品ページAmazonへAmazonへAmazonへAmazonへAmazonへAmazonへAmazonへAmazonへAmazonへAmazonへ
ディスプレイ13.5
インチ
15
インチ
13.5
インチ
15
インチ
13
インチ
12.3
インチ
10.5
インチ
10
インチ
13.5
インチ
15
インチ
解像度3000
×2000
3240
×2160
3000
×2000
3240
×2160
2880
×1920
2736
×1824
1920
×1280
1800
×1200
2256
×1504
2496
×1664
カメラフロント5メガ
Pixel
5メガ
Pixel
5メガ
Pixel
5メガ
Pixel
5メガ
Pixel
5メガ
Pixel
5メガ
Pixel
5メガ
Pixel
0.92メガPixel0.92メガPxel
リア8メガ
Pixel
8メガ
Pixel
8メガ
Pixel
8メガ
Pixel
10メガ
Pixel
8メガ
Pixel
8メガ
Pixel
8メガ
Pixel
××
ビデオ撮影1080p
HD
1080p
HD
1080p
HD
1080p
HD
4K,
1080p
HD
1080p
HD
1080p
HD
1080p
HD
720p
HD
720p
HD
メモリ8/16/
32GB
16/32GB8/16GB16GB8/16GB4/8/
16GB
4/8GB4/8GB8/16GB8/16GB
CPUタイプ第10世代
Intel Core i5/i7
第10世代
Intel Core i7
第7/8世代
Intel Core i5/i7
第8世代
Intel Core i5/i7
Microsoft  SQ1第10世代
Intel Core i3/i5/i7
Intel Pentium Gold Processor 4425Y/
第8世代
Intel Core m3
Intel Pentium Gold Processor 4415Y第10世代
Intel Core i5/i7
AMD Ryzen 5 3580U/
7 3780U
ストレージ64GB××××××○(eMMC)○(eMMC)××
128GB××××
256GB××
512GB××
1TB×××
ハードディスク種類SSDSSDSSDSSDSSDSSDSSD
(128GB)
SSD
(128GB)
SSDSSD
サイズ312mm343mm312mm343mm287mm292mm245mm245mm308mm339.5mm
高さ232mm251mm232mm251mm208mm201mm175mm175mm223mm244mm
厚さ13~23mm15~23mm13~23mm15~23mm7.3mm8.5mm8.3mm8.3mm14.5mm14.69mm
重量i5…534g
i7…642g
905gi5…534g
i7…642g
905g774gi3/i5…775g
i7…790g
Wi-Fi…544g
LTE…553g
W-Fi…522g
LTE…532g
1288g/
1265g
1542g
バッテリー17.5時間17.5時間17時間17時間13時間10.5時間10時間9時間11.5時間11.5時間

Surfaceのスペック比較①:ディスプレイサイズ

ディスプレイサイズは、大きければ良いというものではありません。
例えば動画を楽しんだり、マルチウィンドウでの作業を行ったりしようと考えている場合は、大画面の方が良いでしょう。
しかし、電車での移動中に使うことを想定するならば、10インチ程度の小さな画面の方が持ち運びしやすくて便利です。

基本的に自宅やオフィスの机に置いて利用することが考えられる場合は大画面を、持ち運んだり移動中に利用したりすることを想定するなら小さな画面のものを選ぶようにしてください。

画面が大きいのは、最大で15インチです。
15インチは、Surface Book3 とBook2、Laptop3の3つの機種があります。

画面が小さいのは、10インチのSurface Go、10.5インチのSurface Go2があります。

ジュン
ジュン

大きければ良いということではありません!

目的に合った画面サイズのものを選ぶようにしてください。

Surfaceのスペック比較②:カメラ・ビデオ撮影

次に、カメラ・ビデオ撮影の性能を比較していきます。

リアカメラ解像度10メガPixel8メガPixel×
機種Pro XBook3, Book2,
Pro7, Go2, Go
Laptop3
ビデオ撮影4K1080p720p
機種Pro XBook3, Book2,
Pro7, Go2, Go
Laptop3

基本的にSurfaceは、「タブレットとしても利用できるノートパソコン」です。

そして、Laptop3はほぼノートパソコンとして作られているので、リアカメラはありません。
顔認証ログインのために、フロントカメラはついていますが0.92メガPixelなので、写真を撮影したり、ビデオ通話に利用することはできません。

そしてProXは、タブレットとして利用することも想定して設計されています。
そのためカメラは唯一の10メガPixel、ビデオも唯一4K動画を撮影できるようになっています。

タブレットとしての利用を想定するならば、Surface ProXを購入すれば間違いないでしょう。
4K動画を撮影して、そのまま動画編集をするような使い方も考えられます。

ジュン
ジュン

もしSurface ProXで動画撮影を行うことを考えるなら、ストレージは最大の512GBにすべきです!

4K動画は1分で約350MBの容量なのですぐ一杯になりますよ!

Surfaceスペック比較③:メモリ・CPU

次に、メモリ・CPUの性能を比較してみましょう。

メモリBook3Book2ProXPro7Go2GoLaptop3
4GB××××
8GB
16GB××
32GB××××××

メモリとは、処理を行う領域です。
メモリが大きいほど処理落ちすることなく、快適に作業が行えます。

Surfaceのメモリは、最大で32GBです。
Surface Book3のメモリ32GBを購入すれば、動画編集や3Dゲームなどの負荷の大きい作業を行っても処理落ちすることはありません。

ただし、32GBモデルはめちゃくちゃ高いです!!
さらにCPUをIntel Core i7にすると、40万円近い価格になります😢

しかし普通に動画を観たり、WORDやEXCELなどのOfficeソフトを使って作業をしたりする程度であれば、メモリは8GBでも余裕があります。
CPUも、Core i5で十分です。

メモリを32GBから8GBに、CPUをi7からi5に変えると、価格も約半額になります😀

ジュン
ジュン

メモリとCPUの性能は、価格に大きく影響してきます。

オーバースペックだとお金がもったいないし、スペックが足らないとストレスが溜まります。
購入後、何に使うのかをよく考えて必要な機能を備えたものを選びましょう。

Surfaceスペック比較④:ストレージ

次に、ストレージを比較していきます。

Book3Book2ProXPro7Go2GoLaptop 3
ストレージ64GB××××××××
128GB××××
256GB××
512GB××
1TB×××

「ストレージ」とは、写真や動画、文書データなどを保存しておく領域のことです。
ストレージが大きいほど保存できる情報量が大きいので、多くのデータを保存しておくことができます。

Surfaceのストレージは、64GBから1TBまで様々です。
機種を決めても、ストレージを選んで購入することになります。

そしてもちろん、ストレージが大きいものほど高額になります。
ストレージを決めるコツは、「購入後にSurfaceをどう使うか」です。

  • 仕事用だから、Officeソフトを利用する。
  • 個人用で、インターネットを閲覧する。

といった使い方であれば、ストレージは小さいもので良いでしょう。

  • 動画を撮影して保存しておく。
  • 映画やドラマを保存しておく。

という使い方を考えている場合は、ストレージの大きいものを選ぶ方が良いでしょう。

ストレージを大きく圧迫するのは動画です。
動画を保存していく使い方を考える場合は、絶対にストレージの大きいものを選ぶべきです。
ケチって容量の小さいものを選ぶと、絶対に後悔することになります
大事な思い出のつまった動画を消すのはツライですからね…。

特に、4K動画を撮影できるSurface ProXの場合は、絶対に最大容量の512GBを購入すべきです。
なぜなら、4K動画は1分で約350MBも容量を必要とします。
4K動画が楽しくて撮影していると、あっという間に容量が一杯になるはずです。
外付けHDDを利用すれば容量はいくらでも増やせますが、本体のストレージが大きいに越したことはありません。

ジュン
ジュン

私は普段Surfaceを仕事のサブ用と、趣味のブログ用に使っています。
Officeファイルと写真を保存する程度なので、ストレージは256GBでも余裕があります。

しかし、もし動画を保存するのであれば256GBはすぐ一杯になるはずです。
使い方をよく考えて、適切なストレージのものを選んでください。

Surfaceを用途に合わせて選ぶ

surface

スペックを比較しても、なかなか自分にあった機種を決めるのは難しいと思います。
ここからは、用途に合わせてSurfaceの種類をご紹介します。

Surfaceを用途で選ぶ①:最もオーソドックスな「Surface Pro7」

surface

まず、最もオーソドックスなモデルが「Surface Pro7」です。
シリーズを代表するモデルで、専用のキーボードを着脱すればノートパソコンとしても、タブレットとしても利用できます。
会社で利用する方、家庭で趣味の範囲で利用する方の両方にオススメできる機種です。

また、Surface Pro7にはCPU、メモリ、ストレージの組み合わせ方で多くの種類があります。
動画編集を考えるならばハイスペックなものを、インターネットを観る程度ならば低コストなものを選ぶようにすると良いでしょう。

CPUはCore i3、メモリは4GB、ストレージ128GBの最も低価格なモデルはこちら。

CPUはCore i5、メモリは8GB、ストレージ128GBの中程度なモデルはこちら。

CPUはCore i7、メモリは16GB、ストレージ512GBの最も高価なモデルはこちら。

このように、同じSurface Pro7でも様々な種類があるので注意してください。
同じSurface Pro7でも、スペックの違いだけで価格にも約9万円~約20万円の幅が出てきます。

自分の使い方に合ったスペックを選択してください。

Surfaceを用途で選ぶ②:4K動画が撮影できる「Surface Pro X」

surface

「Surface Pro」より少し画面が大きいのが特徴的な「Surface Pro X」です。
13インチの大画面ですが、本体サイズはA4用紙以下で持ち運びも不自由がありません。
大画面ではバッテリーの持ちが心配されますが、フル充電すれば最長13時間も連続使用が可能です。

なんといってもSurface ProXの最大の特徴は、Surfaceシリーズの中で唯一4K動画が撮影できることです。

Surfaceをタブレットのように使って4K動画を撮影したり、その撮影した4K動画を編集したりすることを考えるならば、Surface ProXをオススメします。

また、4K動画は1分で約350MBもの容量になるため、もし購入する場合はストレージが最も大きい512GBのものを強くオススメします。

Surfaceを用途で選ぶ③:持ち運びやすさ重視の「Surface Go」

surface

持ち運びやすさを重視したのが「Surface Go」です。画面サイズは10インチで、軽量で持ち運びやすいのが最大の特徴です。
小型ですが、機能は他のSurfaceと変わりありません。

ただし、ストレージの容量が最大でも128GBしかありません。
多くの動画を保存することが想定される場合は、Surface Goをオススメできません。

Surface Goは軽量&小型が売りで、ストレージは小さいことを理解しておいてください。

また、Surface Goよりも少し画面が大きい「Surface Go2」という機種もあります。
Surface Goは10インチですが、Surface Go2は10.5インチです。

移動中に少し大きな画面で作業がしたいような場合は、Surface Go2の方をオススメします。

Surfaceを用途で選ぶ④:小さなノートパソコン「Surface Laptop3」

surface

「Surface Laptop」は、13.5型の大型タッチパネルですが重さは約1.3kgに抑えられているため、持ち運びも可能です。
タブレットよりも小さなノートパソコンが欲しい、という方にオススメです。

ただし、Surface Laptop3には背面カメラがありません!

完全にノートパソコンとして利用することを想定して作られています

顔認証ログインのために前面カメラもついていますが、0.92メガPixelというひどい画質です。
ビデオ会議などで利用するのはお粗末なため、別にWebカメラを購入しなくてはならなくなるでしょう。

カメラは利用せず、完全にノートパソコンとして扱うことが想定される方は、Surface Laptop3が向いているでしょう。

またLaptop3には、CPU、メモリ、ストレージだけでなく画面サイズも13.5インチと15インチの2種類があります。
大画面で作業をしたいか、移動中にも作業をしたいのか、購入後の利用方法を想定して適切なものを選んでください。

画面サイズ13.5インチ、CPUがCore i5、メモリが8GB、ストレージが128GBと最も安価なモデルがこちら。

画面サイズ13.5インチ、CPUがCore i7、メモリが16GB、ストレージが512GBと中程度なモデルがこちら。

画面サイズ15インチ、CPUがAMD Ryzen7、メモリが16GB、ストレージが512GBと最も高価なモデルがこちら。

Surface Laptop3といっても、スペックの違いで価格は約12万円~約26万円と様々です。
購入後の利用方法を考えて、無駄のないように適切なスペックのものを選ぶようにしてください。

Surfaceを用途で選ぶ⑤:ハイスペックな「Surface Book」

最後に、Surfaceの数ある機種の中から最もハイスペックなモデル「Surface Book」をご紹介します。

ここまで紹介したきたSurfaceシリーズには、どれも一長一短の個性がありました。
しかし、このSurface Bookはすべての機種の長所だけを選んだような機種です。
(4K動画は撮影できません。)

短所は、めっちゃ値段が高いということだけです😢

もし「Surface Bookがいいなあ」と思うのであれば、ハイスペックなものを選択すべきです。
Surface Bookで低スペックを購入するというのは、ちょっと理解できません。
それならば、別の安い機種にすればよいのです。

Surface Bookには、画面が13.5インチと15インチの2種類があります。
大画面で作業を行いたいなら15インチ、移動中も作業を行いたいなら13.5インチを選ぶと良いでしょう。

画面サイズ13.5インチ、CPUがCore i7、メモリが16GB、ストレージが256GBのハイスペックモデルがこちら。

画面サイズ15インチ、CPUがCore i7、メモリが32GB、ストレージが512GBの超絶ハイスペックモデルがこちら。

最高モデルだと、価格が約35万円します\(^O^)/

「ハイスペックなSurfaceが欲しいけど値段が気になる」という方には、1つ前の機種である「Surface Book2」をオススメします。

画面サイズ13.5インチ、CPUがCore i7、メモリが8GB、ストレージが256GBのハイスペックモデルがこちら。

画面サイズ15インチ、CPUがCore i7、メモリが16GB、ストレージが1TBの超絶ハイスペックモデルがこちら。

うーん、どれも高い💦
しかし、超ハイスペックなノートパソコン&タブレットというのは大きな魅力ですよね!

Surfaceで動画編集や3Dゲームをやりたい方は、このハイスペックモデル「Surface Book」の購入をオススメします。

Surfaceはタブレットにもなるノートパソコン

surface

タブレットを購入する際に、iPadにしようか、Surfaceにしようか悩んでいる…という方をよく見かけます。
しかし、Surfaceは「タブレットにもなるノートパソコン」という印象です。
ノートパソコンとして使うことがメインとなるのであれば、Surfaceを購入することをオススメします。

上でも述べた通り、タブレットでありながらOSがWindowsというのは一つの大きな魅力です。
仕事用のパソコンがWindowsならば、相性バツグンです。
iPadのようにオシャレなことはできませんが、Officeソフトが安定して動くので仕事に使うには最高のタブレットでしょう。

また、Surfaceをより快適に利用するための周辺機器も多く揃っています。本体を購入する際は、ぜひ一緒に購入することを検討してください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

☆★Amazonお得情報★☆

タイムセール(7/24~7/26)
→事前にエントリーして商品を安く購入しよう!
Fire HD 10が安売り対象商品に!(レビュー記事)

◎読み放題(Kindle Unlimited)が2か月限定の割引!
→通常は月額980円が、なんと月額150円(プライム会員は月額100円)に!

◎ギフト券5,000円チャージで1,000円分プレゼント!
→通常は1%ポイント還元ですが、今なら20%還元中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました