【2020年版】iPadの選び方|性能比較とオススメ【用途で選ぶ】

スマホ・タブレット
Pocket

☆★Amazonお得情報★☆

タイムセール(7/24~7/26)
→事前にエントリーして商品を安く購入しよう!
Fire HD 10が安売り対象商品に!(レビュー記事)

◎読み放題(Kindle Unlimited)が2か月限定の割引!
→通常は月額980円が、なんと月額150円(プライム会員は月額100円)に!

◎ギフト券5,000円チャージで1,000円分プレゼント!
→通常は1%ポイント還元ですが、今なら20%還元中!

「タブレットといえば、iPad。」

そんな認識の方も多いはず。
それくらいiPadの人気は大きく、タブレットを購入される方の多くがiPadを選ばれているようです。

しかし、単に「iPad」と言っても、iPad Pro、iPad Air、iPad、iPad mini と多くの種類があるため、どれを選んだら良いのか悩んでしまいます。

この記事では、iPadの選び方とオススメ商品を紹介していきます。

スポンサーリンク

iPadとは?

iPadとは、Appleが販売するタブレットです。
日本で最初に発売されたタブレットで、革新的な商品に当時の多くの人が心を奪われました。

iPadのOSはiOSで、iPadやiPhoneを動かすためのOSとなっています。
多くのアプリから自分に合ったアプリをインストールすることで、目的に応じたiPadへカスタマイズできるのが最大の魅力です。

基本的には指で操作できますが、専用のペンを利用することでイラストを描いたり、キーボドを使うことでノートパソコンのように利用したりできるようになります。

iPadのスペック比較

iPadは現在、

  • iPad Pro(12.9インチ)
  • iPad Pro(11インチ)
  • iPad Air
  • iPad
  • iPad mini

の5つの機種が販売されています。
この5機種のスペックを比較してみましょう。

iPad Pro
(12.9インチ)
iPad Pro
(11インチ)
iPad AiriPadiPad mini
商品ページAmazonへAmazonへAmazonへAmazonへAmazonへ
ディスプレイ12.9インチ11インチ10.5インチ10.2インチ7.9インチ
セキュア認証Face IDFace IDTouch IDTouch IDTouch ID
カメラ12メガPixel12メガPixel8メガPixel8メガPixel8メガPixel
ビデオ撮影4K HD4K HD1080p HD1080p HD1080p HD
オーディオ4スピーカー4スピーカー2スピーカー2スピーカー2スピーカー
ストレージ32GB××××
64GB×××
128GB××××
256GB×
512GB×××
1TB×××
Apple Pencil
キーボード×(Bluetoothは可)
コネクタUSB-CUSB-CLightningLightningLightning
チップA12Z BionicA12Z BionicA12 BionicA10 FusionA12 Bionic
バッテリー10時間10時間10時間10時間10時間
サイズ(mm)高さ280.6mm247.6mm250.6mm250.6mm203.2mm
214.9mm178.5mm174.1mm174.1mm134.8mm
厚さ5.9mm5.9mm6.1mm7.5mm6.1mm
重量Wi-Fi641g471g456g483g300.5g
SIM643g473g464g493g308.2g

iPadスペック比較①:ディスプレイサイズ

まず、ディスプレイサイズを比較してみましょう。

iPad Pro
(12.9インチ)
iPad Pro
(11インチ)
iPad AiriPadiPad mini
ディスプレイ12.9インチ11インチ10.5インチ10.2インチ7.9インチ

画面サイズは「大きければ良い」というわけではなく、用途に合わせて選ぶべきです。

11インチ以上だと、鞄に入れてもかなり大きいと感じるサイズです。
持ち運ぶ際は、ノートパソコンを持っているような感覚になります。
しかし、動画を大画面で楽しむことができるのは魅力的です。
更に、文書作成や動画編集、マルチウィンドウでの作業などを行う場合は、大画面の方が捗るでしょう。

逆に7.9インチだと小さいので持ち運びには向いていますが、映画やゲームをするときは小さくでストレスを感じてしまうかもしれません。
しかし、電子書籍を読むのであれば文庫本サイズなのでとても便利なサイズです。

ジュン
ジュン

画面サイズは、大きければ良いというものではありません。

購入後どのように使うのかをイメージして、選ぶようにしてください。

iPadスペック比較②:セキュア認証

次は、セキュア認証を比べていきます。

iPad Pro
(12.9インチ)
iPad Pro
(11インチ)
iPad AiriPadiPad mini
セキュア認証Face IDFace IDTouch IDTouch IDTouch ID

「Face ID」と「Touch ID」の2種類があります。
簡単に説明すると、「Face ID」は顔認証「Touch ID」は指紋認証です。
「Face ID」だと、画面の前に顔をかざすだけでロック解除できます。

この「Face ID」は、iPad Proのみで利用することができます

指が濡れているとき、手袋をしているときなどの状況であれば「Face ID」はとても便利です。
しかし、画面の正面に立つ必要があるため、机の上に置いてあるiPadを指先でシュッと解除…ということができません。

Appleによると他人の顔でロック解除される確率は100万分の1らしく、相当の自信をもっているようです。

ジュン
ジュン

Face ID は楽しい機能ですが、いざという時に不便だったりします。

ただし雨の日や手袋をしているような日はとても役立つので、やはり便利なものです。

iPadスペック比較③:カメラ、ビデオ、オーディオ性能

次は、カメラ、ビデオ、オーディオ撮影の性能を比較してみましょう。

iPad Pro
(12.9インチ)
iPad Pro
(11インチ)
iPad AiriPadiPad mini
カメラ12メガPixel12メガPixel8メガPixel8メガPixel8メガPixel
ビデオ撮影4K HD4K HD1080p HD1080p HD1080p HD
オーディオ4スピーカー4スピーカー2スピーカー2スピーカー2スピーカー

この項目に関しては、iPad Proの圧勝です。

私が両方とも使ってみた個人的な感想では、特にビデオ撮影の性能の差が大きいです。
やはり、4K動画はこれまでの動画と次元が違います。
「本当に動画か?」と思えるほど、1枚1枚のフレームがとても綺麗です。

Youtubeにも4Kと1080pの比較動画が多くあげられているので、ぜひ自らの目で比較してみてください。

ただし、最近は4K動画が撮影可能なスマホが発売されています。
スマホで4K動画が撮影できるならば、タブレットのカメラ性能は気にしなくて良いかもしれませんね。

ジュン
ジュン

4Kの動画は、1080pとまったく違います!

スマホで4K動画が撮影できるなら気にしなくて良いですが、iPadで動画撮影してそのまま編集をするような場合は、iPad Proにしておけば間違いないでしょう。

iPadスペック比較④:ストレージ

次はストレージを比較してみます。

iPad Pro
(12.9インチ)
iPad Pro
(11インチ)
iPad AiriPadiPad mini
ストレージ32GB××××
64GB×××
128GB××××
256GB×
512GB×××
1TB×××

「ストレージ」とは、写真や動画、アプリなどの保存容量です。
ストレージの大きいタブレットほど、多くのデータを保存することができます。

実際に使っていくと、ストレージは何GBあっても足りません💦
写真や動画、アプリなどを思うままに追加していると、いつか一杯になります。

また、iPadはSDカードが利用できないため容量の拡張ができないので、最初に購入する本体のストレージがかなり重要になってきます。
GoogleドライブやOne Driveなどのオンラインストレージを利用しても良いのですが、無料で利用するならば容量が小さいのでこちらもすぐ一杯になります。

そのため、機種が決まって、どうせ購入するならば最大容量のストレージを選ぶことをオススメします
購入した後には必ず「もっと容量が大きいのにしておけば良かった!」と思う時が来ます。
機種が決まったら、最大容量のものを選ぶようにしてください。

ジュン
ジュン

ストレージは、絶対に大きいものにしておく方が良いです!
小さいものを購入すると、絶対に後で後悔することになります!

機種が決まったら、最大容量のものを選ぶようしましょう!

iPadスペック比較⑤:コネクタ

次はコネクタの比較です。

iPad Pro
(12.9インチ)
iPad Pro
(11インチ)
iPad AiriPadiPad mini
コネクタUSB-CUSB-CLightningLightningLightning

コネクタとは、充電ケーブルの差込口の形です。

「Lightning」は、iPhoneやiPad専用に作られた規格です。
それが、iPad Proでは「USB Type-C」に変更されました。

「USB Type-C」は、スマホやタブレットだけでなく多くの機器で利用されている規格です。
そのため、iPad Proは他の機器の充電器を使って充電することが可能になりました。

これは結構ありがたい変更です。
これまではiPad専用の充電器が必要でしたが、iPad Proでは他の機器と併用できるのです。

これが購入の決め手になることはないとは思いますが、iPad Proだとこのような利点もあります。

ジュン
ジュン

他の機器と充電ケーブルを共有できるのは地味に便利です。

「iPadの充電器が無い!」ということがなくなります。

iPadスペック比較⑥:チップ(CPUの処理速度)

次に、チップを比較してみましょう。

iPad Pro
(12.9インチ)
iPad Pro
(11インチ)
iPad AiriPadiPad mini
チップA12Z BionicA12Z BionicA12 BionicA10 FusionA12 Bionic

チップとは、CPUの処理速度を決定づけるものです。
数字が大きいものほど高性能のチップになります。

つまり簡単に言うと、iPadの処理速度は

(速) iPad Pro > iPad Air = iPad mini > iPad (遅)

ということです。

その詳細は、このようになっています。


iPad Pro
(12.9インチ)
iPad Pro
(11インチ)
iPad AiriPadiPad mini
チップA12Z BionicA12Z BionicA12 BionicA10 FusionA12 Bionic
CPUコア数8コア8コア6コア4コア6コア
CPU周波数4×2.5GHz
4×1.5Ghz
4×2.5GHz
4×1.5Ghz
2×2.5GHz
2×1.5GHz
2.34GHz2×2.5GHz
2×1.5GHz

こうして比べても、iPad Proが優れているのがよく分かりますね。
A12はA10の約1.495倍、A12ZはA10の約3.8倍の処理速度だと言われています。

動画編集やマルチウィンドウでの作業などをiPadで行いたいと考えている方は、iPad Proにしておくのが良いでしょう。

ジュン
ジュン

サクサク動く方が楽しいに決まっていますよね。

動画や電子書籍を楽しむならばiPadの性能でも十分ですが、3Dゲームや動画編集などを楽しもうと考えているならば、最高性能のiPad Proを選ぶべきです。

ケチってiPadを購入して、ゲームがカクカクだと結局無駄な買い物になるかもしれません…。

iPadを用途に合わせて選ぶ

スペックを比較しても、正直よく分からない方も多いと思います。

タブレットを選ぶ際に最も重視すべきことは、購入後の使い方に合っているものを選ぶことです。

  • 低スペックなタブレットを購入したのに、動画編集をしてしまう…。
  • ハイスペックなタブレットを購入したのに、LINEとYoutubeしか使わない…。

このような買い物をしていては、とても勿体ないです。
どうせ数万円する高価なタブレットなので、自分の使い方に合ったものを選びましょう。

ここからは、用途に合わせてiPadのオススメをご紹介します。

iPadを用途で選ぶ①:オーソドックスな「iPad」

iPad

タブレットの購入が初めてでよく分からない…というのであれば、まずはオーソドックスなiPad(無印)をオススメします。

画面サイズは10.2インチとコンパクトですが、処理速度などのスペックには何も問題はありません。
また、画面を分割して使用できるマルチタスク機能が搭載されたことで、画面の半分で動画を観ながら、残り半分でメモを取る…という使い方も可能です。

Apple Pencilにも対応しているので、様々な用途が考えられます。

iPadを用途で選ぶ②:ハイスペックが良いなら「iPad Pro」

iPadPro

iPad Proは、その名の通りプロ仕様のハイスペックモデルです。
ストレージ容量も最大で1TBのモデルもあります。

また、ディスプレイのサイズもiPadシリーズの中で最大の12.9インチというのも特徴です。
キーボードと接続して、ノートパソコンとして使用することも可能です。

動画編集を行いたい場合は、iPad Proで間違いないでしょう。

iPadを用途で選ぶ③:サブPCが欲しいなら「iPad Air」

iPadair

iPad Airは、サブPCとして使いたい方にオススメです。
iPad Pro に次ぐスペックを持っています。

Apple Pencilに対応しているため、メモをしたり、イラストを描いて楽しむこともできます。
また、iPadに取り付けられるSmart Keyboardにも対応しているため、電車で膝に乗せてタイピングをすることも可能です。
Smartkeyboardは、使わないときはiPadカバーとして利用できるので、持ち運びにも適しています。

仕事で使うサブPCが欲しいなら、iPad Airをオススメします。

iPadを用途で選ぶ④:タブレットとして使うだけなら「iPad mini」

iPadmini

iPad miniはiPadシリーズの中で画面は最小・最軽量で、片手で持てるほどのサイズなので持ち運びには最適です。

最大の特徴は、Smartkeyboardに対応していないことです。
そのため、完全にタブレットとしての利用のみを想定したiPadと言えるでしょう。
(Bluetoothのキーボードには対応しています。)

スペックは、iPad Airとそこまで変わりありません。

スマホより大きな画面で動画を観たり、電子書籍を読みたい方はiPad miniを購入されると良いでしょう。

タブレットで悩んだらiPadで間違いなし

iPad

以上、iPadの選び方についてご紹介しました。

タブレットの購入で迷ったら、iPadにしておけばほぼ間違いないと思います。
iPadはアプリやカバーが豊富で、目的に応じて自由にカスタマイズできます。
きっと、あなたのタブレットライフを豊かにしてくれるはずです。

「タブレットがあったら何をしたいのか?」

目的を決めれば、機種も簡単に決まるはずです。
後悔のないように、最適なiPadを選んでください!

また、iPadには豊富な周辺機器がそろっています。
こちらの購入も、併せて検討してください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

☆★Amazonお得情報★☆

タイムセール(7/24~7/26)
→事前にエントリーして商品を安く購入しよう!
Fire HD 10が安売り対象商品に!(レビュー記事)

◎読み放題(Kindle Unlimited)が2か月限定の割引!
→通常は月額980円が、なんと月額150円(プライム会員は月額100円)に!

◎ギフト券5,000円チャージで1,000円分プレゼント!
→通常は1%ポイント還元ですが、今なら20%還元中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました