【GAS初心者講座】4.変数と定数の宣言・ルール

GAS初心者講座
Pocket

GASというプログラミング言語についての解説記事です。

GASをまったく知らない方でも楽しく学習できるよう、会話形式になっています。
気軽に読み進めて、少しずつ覚えていってください!

スポンサーリンク

GAS初心者講座:目次

【GAS初心者講座】1.「GAS」=「Google Apps Script」とは?
【GAS初心者講座】2.GASのスクリプトエディタを開く
【GAS初心者講座】3.GASをスクリプトエディタから実行する
【GAS初心者講座】4.変数と定数の宣言・ルール

GAS初心者講座4-1:変数の扱い方

GAS初心者講座4-1-1:変数とは?

変数、定数って何のこと?

ジュン
ジュン

変数とは、値や文字列などのデータを格納できる箱のようなものだ。

箱のようなもの?

ジュン
ジュン

変数には名前があって、その変数の箱の数値を自由に入れ替えることができる。
例えば「num」という変数に数値「1」を格納すると、こんなイメージだ。

「num」というのが変数の名前なのね。

ジュン
ジュン

その通り。
具体例を見ながら、感覚をつかんでいこう。

GAS初心者講座4-1-2:変数の宣言は「let」を使う

ジュン
ジュン

新しく変数を作成することを「宣言」というよ。

宣言なしに利用したらダメなの?

ジュン
ジュン

利用できないことはないんだけど…
コードの最初の方で使う変数をまとめて宣言しておくのがマナーだね。

変数の宣言には、「let」というキーワードを利用するよ。

変数の宣言

let変数名;

変数名の前に「let」を付ければいいのね。

ジュン
ジュン

例えば、新しい2つの変数「num1」と「num2」を宣言するときは次のように記述する。

let num1;
let num2;

これで、何が起こるの?

ジュン
ジュン

変数「num1」と「num2」の箱が用意されるんだ。

GAS初心者講座4-1-3:変数の名前の決め方

変数の名前は自由に決めていいの?

ジュン
ジュン

基本的には自由だけど、いくらかルールがあるよ。

変数名のルール
  • 半角アルファベット、半角数字が利用できる。
    (例…num、NUM1、number01、、、)
  • 大文字と小文字は区別される。
    (例…「num」と「NUM」は別のものとして扱われる。)
  • 先頭は必ずアルファベット。数字が先頭だとエラーになる。
    (例…「num1」、「x123」はOK。「1num」、「123x」はダメ。)
  • すでに意味を持つキーワードはダメ。
    (例…「let」は変数を宣言するキーワードなので利用できない。)

このルールを守れば、自由に名付けていいんだね。

ジュン
ジュン

その通り。

ここからは義務ではないけれど、表記を美しくするための様々なルールがある。

表記を美しくするための変数名のルール

① 名前からデータの中身が推測できる。
(良い例…name、number、悪い例…x1、y1)

② 長すぎず、短すぎず。
(良い例…name、悪い例…nm、name_of_character)

③ 可能な限り英単語にする。
(良い例…name、string、悪い例…namae、moji)

④ 表記を統一する。

「④表記を統一する」ってどういうこと?

<br>ジュン

ジュン

複数の英単語で変数名を決めるときに考えないといけない。

例えば変数名が「firstname」だと、何を意味しているのか分かりにくいよね。

どこで区切ればいいのか分からないね。

ジュン
ジュン

だから、次のような記法があるんだ。

複数の単語で変数名を決める際の記法

camelCase記法…先頭単語の頭文字は小文字、それ以降の頭文字は大文字。
(例…firstName、secondName)

Pascal記法…すべての単語の頭文字は大文字。
(例…FirstName、SecondName)

アンダースコア記法…単語を「_」で連結。
(例…first_name、SECOND_NAME)

うーん、いろんな種類があるんだね…

ジュン
ジュン

特に決まりはないけれど、変数名にはcamelCase記法を用いることが多いね。

宣言するときは気を付けるわ。

GAS初心者講座4-1-4:初期化式をつかって変数に値を代入する

ジュン
ジュン

いまのままでは、変数をつくっても何も入っていないね。

これだと、作る意味があまりないね…。

ジュン
ジュン

それでは、変数の宣言と同時に数値を格納してみよう。

イコールをつかって、数値を代入できるよ。

初期化式で変数に値を代入する

let 変数名 = 値;

数学の記号と同じ意味ね。

ジュン
ジュン

例えば「num」という変数を宣言して数値「10」を代入すると、次のようになる。

let num = 10;
ジュン
ジュン

「let」で変数「num」を宣言して、数値「10」を代入しているよ。

宣言と代入が同時にできるんだね。

ジュン
ジュン

このように、変数を宣言して値を代入する式を「初期化式」というんだ。

GAS初心者講座4-2:定数の扱い方

GAS初心者講座4-2-1:定数とは

ジュン
ジュン

GASには変数だけでなく、定数を宣言することもできる。

「定数」と「変数」は何が違うの?

ジュン
ジュン

「定数」は、宣言以降に値を変更することができないんだ。
変更しようとするとエラーになる。

「定数」という言葉の意味のままね。

ジュン
ジュン

途中で変更されると困るような値を使うとき、定数として宣言するといいね。

GAS初心者講座4-2-2:定数の宣言は「const」を使う

ジュン
ジュン

定数を宣言する際は、「let」ではなく「const」というキーワードを使うよ。

定数の宣言

const 定数名 = 値;

変数は「let」、定数は「const」か…。

const TAX = 1.08;
ジュン
ジュン

コードの中で変数と定数を区別するために、定数名はすべて大文字で表記するというが一般的なんだ。

複数の単語で定数名を宣言するときは、アンダースコア記法で表記するよ。

const USER_MONEY = 100;

いろんなルールがあるんだね。

ジュン
ジュン

細かいルールは気にしなくて大丈夫!

まずは変数と定数の違いが分かればOKだよ!

GAS初心者講座4-まとめ:細かいルールは気にしなくてOK!

変数と定数の名前の付け方についてまとめておきます。

定数と変数の名前の付け方まとめ

【守らなければならない規則】

  • 半角アルファベット、半角数字が利用できる。
    (例…num、NUM1、number01)
  • 大文字と小文字は区別される。
    (例…「num」と「NUM」は別のものとして扱われる。)
  • 先頭は必ずアルファベット。数字が先頭だとエラーになる。
    (例…「num1」、「x123」はOK。「1num」、「123x」はダメ。)
  • すでに意味を持つキーワードはダメ。
    (例…「let」は変数を宣言するキーワードなので利用できない。)

【表記を美しくするためのルール】

  • 名前からデータの中身が推測できる。
    (良い例…name、number、悪い例…x1、y1)
  • 長すぎず、短すぎず。
    (良い例…name、悪い例…nm、name_of_character)
  • 可能な限り英単語にする。
    (良い例…name、string、悪い例…namae、moji)
  • 表記を統一する。
    ①camelCase記法(例…firstName、secondName)
    ②Pascal記法(例…FirstName、SecondName)
    ③アンダースコア記法(例…first_name、second_name)
  • 定数はすべて大文字、アンダースコア記法にする。
    (例…PLAYER_NAME、USER_MONEY)

たくさんのルールがあるなぁ…

と、思うかもしれませんが、細かいところまで覚えなくても大丈夫です。
この辺のルールは、実際に多くのプログラムに触れるようになれば自然と身に付くものです。

「変数」は、値や文字列などのデータを格納できる箱のようなもの。
「定数」は、最初に格納したデータを変更することができない。

ということだけは、しっかり抑えておいてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

GAS初心者講座:目次

【GAS初心者講座】1.「GAS」=「Google Apps Script」とは?
【GAS初心者講座】2.GASのスクリプトエディタを開く
【GAS初心者講座】3.GASをスクリプトエディタから実行する
【GAS初心者講座】4.変数と定数の宣言・ルール

コメント

タイトルとURLをコピーしました