最新版「Microsoft Edge」Chromium版とは?変更点をご紹介!

PC情報
Pocket

☆★Amazonお得情報★☆

タイムセール(7/24~7/26)
→事前にエントリーして商品を安く購入しよう!
Fire HD 10が安売り対象商品に!(レビュー記事)

◎読み放題(Kindle Unlimited)が2か月限定の割引!
→通常は月額980円が、なんと月額150円(プライム会員は月額100円)に!

◎ギフト券5,000円チャージで1,000円分プレゼント!
→通常は1%ポイント還元ですが、今なら20%還元中!

「Microsoft Edge」の最新版が配信され、2020年4月から自動更新が行われました。

今回のアップデートによってMicrosoft Edgeが大きく変わり、戸惑った方も多いでしょう。

この記事では、最新版Microsoft Edgeについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

新しいブラウザ「Microsoft Edge」Chromium版

インターネットのWebページを閲覧するソフトをブラウザといいます。
なぜMicrosoftはブラウザを大幅に変更することになったのか、解説します。

Google Chromeが圧倒的人気!Microsoft Edgeは不調

MicrosoftはWindows8までは「Internet Explorer」をデフォルトのブラウザとしていましたが、Windows10では「Microsoft Edge」という新しいブラウザをデフォルトになりました。

しかし、Microsoft Edgeを利用する人の割合は低いと言われています。

世界で見るとブラウザ利用率1位はGoogle Chromeで約70%ですが、Edgeの利用率は約3%しかありません。(2020年6月現在)

そこで、MicrosoftはこのEdgeを大幅リニューアルすることになったのです。

Microsoft Edgeはオープンソース「Chromium」を利用した

Chromium Optimized for Snapdragon Devices

Microsoft Edgeは、これまで独自の開発を続けていました。
しかしGoogle Chromeの圧倒的人気には対抗できず、Edgeの利用率は一向に上がりません。

そこでMicrosoftはこれまでの方針を大幅に転換しました。

ある条件のもとで誰もが利用・閲覧・修正できるオープンソースのブラウザである「Chromium」を利用することに決めたのです。
Microsoftはこれまで「Internet Explorer」、「Microsoft Edge」と独自の道を歩んできた歴史から一転し、オープンソースを利用することになりました。

Microsoft Edge Chromium版は利用環境が大幅に広がった

Microsoft Edgeは、上で述べたようにWindows10から登場したブラウザです。
そのため、Windows10より前のOSでは動作しませんでした。

しかし、今回のアップデートでChromium版になったことで、Microsoft Edgeの利用環境は大幅に広がりました。

まず、Windows8.1以前のバージョンでも利用できるようになりました。
更に、Microsoft EdgeはこれまでOSごとに異なるエンジンを使っていましたが、Chromium版になったことでエンジンが統一されました。
そのため利用環境が広がり、macOS版、iOS版、Android版のMicrosoft Edgeも配信されています。

スポンサーリンク

Microsoft Edge Chromium版は何が変わったのか?

それでは、Microsoft Edgeが大幅リニューアルされて何が変わったのか、ご紹介していきます。

Microsoft Edge Chromium版の変更点①:動作が軽い!

1つ目の大きな変更点は、動作が軽くなりました。

これまでのMicrosoft Edgeと比べて、メモリの利用が最大で27%削減されたということです。

低スペックなパソコンだと、ブラウザを起動してWebページを見ながら別のソフトを起動すると、動作がモッサリになったり、最悪の場合フリーズしたりしてしまいます。
しかし、新しいMicrosoft Edge Chromium版だとその心配が減るのです。

これはありがたい変更ですね。

Microsoft Edge Chromium版の変更点②:表示がChromeとほぼ同じ!

実際にWebサイトを見るとき、Webサイトのサーバーからデータが送られてきます。
そのデータをどう処理するかによって、Webページの表示が少し変わってくることがあります。

Microsoft Edgeはこれまで独自路線でエンジンを開発していましたが、今回からはChromium版になったことで、エンジンもGoogle Chromeに近いものになりました。

そのため、これまでは

Chromeだとうまく表示されるのに、Edgeだとずれるなあ…

ということがありましたが、今回のアップデートによりその心配はほぼなくなりました。

Webサイトを作成する側にとっては、とてもありがたい変更点です。

Microsoft Edge Chromium版の変更点③:コレクション機能の追加

最新版のMicrosoft Edgeには様々な機能が追加されましたが、コレクション機能という面白い機能が搭載されました。

コレクション機能とは、Webページを見ながら写真や文章を切り取ってメモできる機能です。

これはなかなか楽しくて使い勝手も良いので、ぜひこちらの記事もご覧ください!

ジュン
ジュン

コレクション機能は斬新で、なかなか面白い機能です!

これまでEdgeを使ったことのない方も、ぜひお試しください。

スポンサーリンク

Microsoft Edge Chromium版の変更点④:「IE11モード」の追加

Microsoft EdgeはChromium版になり、これまでのInternet ExplorerやMicrosoft Edgeとはまったく別のブラウザに生まれ変わりました。

しかし世の中には、Internet Explorerにしか対応していないシステムも多くあります。
そういうとき、わざわざEdgeを閉じて、IEを開く必要があるのです。

これって、面倒くさいですよね?

しかし、この「IE11モード」を利用すれば、Microsoft Edgeを使いながら、環境はIE11としてWebページを閲覧することが可能になります!
つまり、わざわざIE11を開き直す必要がなくなるのです!

その手順は少し大変ですが、一度設定しておけばそれ以降は自動的に「IE11モード」で起動することができます。
会社のパソコンで社内システムがIE11にしか対応していないとき、役に立ちそうなモードですね。

Microsoft Edge Chromium版は大幅に使いやすくなった!

今回のMicrosoft Edgeの大幅リニューアルにより、これまでのMicrosoft Edgeとはまったく別のものになりました。

画面の表示方法などがGoogle Chromeに近づいたことで、普段Google Chromeを使っている方にとっては、

Edgeを使ってみるのもアリかな…?

と思う方がいるかもしれません。
特にコレクション機能は楽しいので、Microsoft Edgeを使わない方も、ぜひ一度試してみてください。

ジュン
ジュン

今回の大幅リニューアルで、Microsoft Edge Chromium版を利用する人が増えるかもしれませんね!

☆★Amazonお得情報★☆

タイムセール(7/24~7/26)
→事前にエントリーして商品を安く購入しよう!
Fire HD 10が安売り対象商品に!(レビュー記事)

◎読み放題(Kindle Unlimited)が2か月限定の割引!
→通常は月額980円が、なんと月額150円(プライム会員は月額100円)に!

◎ギフト券5,000円チャージで1,000円分プレゼント!
→通常は1%ポイント還元ですが、今なら20%還元中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました